ログイン

外国人の28時間管理を もっと正確に、もっと簡単に。

スプレッドシートでの集計管理や月末の実績管理だけでは、管理しきれない。

そんなお客様の声からアワマネは生まれました。

お問い合わせはコチラ アワマネのメリットを見る

外国人雇用における週28時間管理とは?

雇用している外国籍の方に、留学生や家族滞在等、資格外活動許可を得て就労している従業員の方がいる企業様に求められる労務管理のひとつです。

入管法第19条第2項において、留学生や家族滞在等資格外活動許可を得て就労する外国人労働者が就労できる時間は、1週に28時間が上限(留学生の長期休暇時は1週に40時間1日8時間以内)と法律で定められております。もしも、28時間を超過して就労させてしまった場合、雇用主は不法就労助長罪に問われてしまいます。

この「1週に28時間」とは、月~日や日~土で週28時間以内ではなく、どの日から数えても7日間で28時間以内で就労させる必要があります。そのため、極端に長い労働時間での勤務が連日続いてしまったり、祝日等でのイレギュラーでの勤務が発生した場合、気づかないうちに28時間を超えて就労させてしまうケースがあります。

また、シフトの段階では、28時間以内に抑えられていても、残業やヘルプの発生により、実績として28時間が超えてしまう可能性があるため、雇用主は日々管理を徹底する必要があります。

特徴とメリット

勤怠データを取り込むだけで28時間管理

企業様が行うのは、勤怠データを取り込むだけ。

煩雑なスプレッドシート管理や店舗へのアラートメール送信等の業務から解放されるとともに、法律に則った正しい管理を簡単に実現することが可能になります。

28時間管理に割いていた時間を削減し、よりコア業務へ専念していただけます。

28時間超える前にアラート送信

28時間を超える前に、本社と店舗に事前アラート配信。

システムを開かなくても、メールでアラート内容の確認が可能。法律違反が起きる前に、対策が打てます。

長期休暇の週40時間にも対応

従業員ごとに長期休暇期間の反映が可能でその期間は週40時間1日8時間で従業員の稼働時間を管理できます。

28時間管理のエビデンス出力

過去の留学生の就労状況をCSVで出力が可能。

28時間管理をしっかりできているというエビデンスをいつでも出力できます。

簡単3STEP! 最短2週間でご利用開始可能

  1. 現状の28時間管理状況のヒアリング、サービス説明

    貴社の28時間管理の課題をヒアリングさせていただき、サービスのご説明をさせていただきます。 ※ご利用の勤怠システムによっては、勤怠データのフォーマット確認をさせていただく場合がございます。

  2. お見積もり / ご利用申し込み

    貴社の外国人アルバイトの人数や必要な機能に応じてご利用料金がフレキシブルに変動します。

  3. 利用開始

    初期設定などは弊社でサポート、ご利用開始直後から28時間管理をしていただくことができます。

アワマネ

もっと正確に、もっと簡単に

28時間管理

お問い合わせはコチラ

その他サービス

外国人従業員の在留カード管理は、ビザマネ

初期費用無料 & 設備投資不要で外国人アルバイトの労務管理ができるクラウドサービス。

業務効率だけでなく外国人アルバイト5万人以上のトラブルデータに基づく予防体制を構築できます。

サービスサイトへ